エデンの園は身の回りに

   

神は、私達を豊かにしたいと考えているのです
旧約聖書創世記を読めば、神が豊穣を愛する例がいくつか出てきます。

神が豊穣を愛する典型が、エデンの園です。
この庭では、人間に対してすべてが与えられており、神は私達に自由に散策して良いと言いました。

罪深い行為をしたためにエデンの園から追放されましたが、神にも、私達が豊かさへの道を歩むことを止められなかったのです。

神は人間の善い行いに対して、いろいろなものを与えました。
神は報酬として豊かさを与えたのです。

ですから、私達の神は、私達が豊かになることに反対できません。
権利を与えられて、宗教を開いた人もいます。

彼らは、神は豊かさを否定していると言っています。
お金を貯えることは、神の言葉に反するとまで言っています。
その場合、神が宇宙で最も豊かな存在であると言うのでしょうか?

実は、神は慈善の心を持った人を愛します。
豊かな人には、自然の成り行きとして、慈善心があるのです。
神は、人間が喜んで慈悲を施す存在であると理解しています。
人は自分の杯を満たしてこそ、他者に分け与えることができるので
す。

神が、人間を完全に自分のイメージどおりに作られたなら、神が、はなはだしく豊かだとしたら、神は人間を同じように豊かにしたかったのではありませんか?

私達は、お金に関しては、宗教的にゆがんだ見方を受け継いでいます。
私達にとって、植えつけられて、そう考えるように仕向けられた、
誤った考えを打ち捨てることが重要です。
おそらく、改良が十分でなかったのです。

これによって人々は、神がお金を稼ぐことに反対なのではなく、誤った方向にお金を使うことに反対しているのだと理解してしまったのでしょう。

私達の神が私達を豊かにしたいと考えれば、自然に、豊かになるた
めのステップへ踏み出して行くことでしょう。

 - FX, タイムスリップ取引, 思考の強化

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。