FXの重要性

   

FXでは、利益をあげるために、違う国の通貨を両替していくものです。

 

違う国の通貨を購入する理由としては、レートの違いを利用して利益を得ること以外に、その国の商品を購入したい、などというものもあるでしょう。

 

利益を得るためには、ある国の通貨の市場でのレートが低いときに購入し、レートが高くなった時に売ります。 通貨の取引は、通常は中央銀行、政府、投機者、そしてMNCの間で行われます。

 

国同士では、外国の市場が存在しない限りは取引できないのです。 一人当たりの投資額はとても安いものの、全体としてFX市場には毎日とてつもない量のお金が入ってきます。

 

個人としては誰も、たとえ政府であっても、FXの変動に影響を及ぼす事のできる人間はいません。 つまりは、通貨の価値は単純に、そのまま国の経済の強い弱いに影響されると考えられます。

 

だからこそ、FX市場は競争にふさわしい場所となっているのです。 政府と中央銀行は、投機や通貨売買によって、国の貨幣価値を安定させようとします。 彼らが大規模な取引をした場合は、市場に影響を及ぼすでしょう。

 

しかし、自国の通貨を所有するためには、政府や中央銀行は、大量の外国の通貨をも所有しておかなければなりません。 ですから、現実問題として、誰かが意図的に貨幣価値を操ることは不可能といえるのです。

 

銀行は外国通貨をたくさん取引しますが、そういった取引がFX市場を形成している単位とも呼べるものです。 彼らは自身で、もしくはクライアントの依頼を受けて、通貨を購入します。 そしてその通貨で先々の取引を行うのです。

 

数年前までは、FX市場の取引にはブローカーが大きな影響力を持っていました。 しかし、今日ではインターネットによるサービスが可能になったため、ブローカーによるサービスは不要のものとなりました。 エレクトロニックなやり取りの方が簡単であるという利点もあります。

 

外国と取引ができるのは、FX市場があるからこそです。 FX市場がなければ、二国間に共通した通貨がないわけですから、一方の国の貨幣価値を、他方の国の貨幣価値と照らし合わせることができないのです。 買い手は、自分の国の通貨で売り手に支払います。

 

売り手はそうして得たお金で、買い手の国の商品を、自分の国で購入する事ができます。 このようにして始めて、彼はその輸出によっていくら稼いだかをようやく知る事ができます。 しかし、FX市場があれば、売り手は取引の瞬間に自分の稼ぎを知る事ができるのです。 同様に、買い手も、外国の商品を購入する際にどのくらいの費用がかかるかを知る事ができます。

 - FX

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。